« 追記告知陰と陽自我の目覚めセッション | トップページ | 2017/8/19 »

2017年8月18日 (金)

漫画に必要な道具

漫画を下書きして

黒インクで描いたら
スクリーントーンを
はります。
スクリーントーンは
首に影をつけたり
背景に影をつけたり
制服の色をつけたり、
スカートの模様をつけたり、
バックにシャボン玉模様を
つけたりしますが、
スクリーントーンを制服のベストに
はるとしたら、
はりたい大きさにザックリ
はさみで切って、
絵にはりつけます。
裏がシールのようになってます。
シールのようになってますが、
それだけでは、はりつきません。
そこで必要なのが
この、

へらのような道具です。
一番左はカッターです。
スクリーントーンの裏をはがして
制服のベストにはりつけたら、
カッターで綺麗に
ベストの形に切っていきます。
そのあと、この黒いへらを使って
スクリーントーンをこすり、
絵に密着させます。
こすりつけることで、
のりの成分が作用して、
絵にしっかり密着します。
はがれないくらい、
密着します。
スクリーントーンは、
このへらがないと
密着させられません。
このへらは、
スクリーントーンが売ってる店なら
だいたい置いてあると
思います。
買うのが面倒だからと、
おうちにある、べつの
何かで代用出来ません。
結構力を入れて
こすって密着させるので、
専用のへらじゃないと、
スクリーントーンが
はがれてしまいます。
カッターは、家にあるもので
じゅうぶんですが、
へらは、必要です。
特に使うのが、
写真の真ん中のへらです。
先が平らなへらです。
へらがすりへるんじゃないかと、
思うほど、使います。
だから、このへらは
漫画を描くのに
とても重要な
必要なへらです。
値段もそんなに
高くないと思います。

« 追記告知陰と陽自我の目覚めセッション | トップページ | 2017/8/19 »